Ubuntu 18.04 VPSまたは専用サーバーにDocker Composeをインストールして構成する方法

前書き

Dockerは、開発者やシステム管理者がソフトウェアコンテナーでコンテナーベースのアプリケーションを構築、配布、および展開するのに役立つように設計された、堅牢でオープンなプラットフォームです。 Dockerの可能性を最大限に活用するには、各アプリケーションのコンポーネントを独自のコンテナに実装する必要があります.


さて、複数のコンポーネントを備えた多面的なアプリケーションを実行している場合、すべてのコンテナが連携、起動、または停止できるようにするのは困難な場合があります.

ただし、コンテナを簡単にシームレスに調整できるように構築されたツールがあります。このツールは Docker Compose. Docker Composeは、YAMLファイルを使用して、複雑なコンテナーベースのアプリケーションを簡単に定義および実行できる優れたツールです。このツールを使用すると、単一のコマンドを実行して、YAML構成からすべてのDockerサービスを作成および開始できます.

このガイドは、Ubuntu 18.04サーバーにDocker Composeをインストールしてセットアップするのに役立ちます.

準備はいい?始めましょう!

前提条件

インストールを問題なく実行するには、以下が必要です。

  • Ubuntu 18.04 VPSまたは専用サーバーホスティング
  • インストールされているDocker
  • Sudo権限を持つ非rootユーザー

ステップ1-Docker Composeのインストール

このチュートリアルでは、Ubuntuリポジトリからではなく、公式のDockerのGitHubリポジトリからDocker Composeをインストールします。これは、GitHubリポジトリのDocker Composeアプリケーションが最新のリリースであり、Ubuntu 18.04に最適であるためです。.

以下のコマンドを実行して、Docker Composeの現在のリリースをインストールします。

$ sudo curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.21.2/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` -o / usr / local / bin / docker -作曲

上記のコマンドには、 -o 出力をリダイレクトする代わりに、最初に出力ファイルを規定するフラグ。この構文は、sudoを使用してコマンドを実行するときの権限の問題を防ぎます.

次に、以下のコマンドを実行して権限を調整します。

$ sudo chmod + x / usr / local / bin / docker-compose

次に、以下のコマンドを実行してバージョンを確認します。

$ sudo docker-compose –version

これにより、以下の出力が得られます。

docker-composeversion 1.21.2、builda133471

出力は、インストールプロセスが成功したことを確認します.

ステップ2-Docker Composeを介したコンテナーのデプロイ

コンテナを実行するには、 こんにちは世界 Docker Hubからテストおよびデモンストレーションの目的で使用可能なイメージ。公開Dockerレジストリ。この画像は、Docker Composeを使用してコンテナをデプロイするために必要なYAML構成を示すのに役立ちます.

まず、以下のコマンドを実行してファイル用の新しいディレクトリを作成し、そこに移動します。

$ sudo mkdir hello-world
$ cd hello-world

次に、以下のコマンドを実行してYAMLファイルを作成します。

$ sudo nano docker-compose.yml

これにより、docker-compose.ymlファイルが開きます。このファイルに以下のコンテンツを追加します。

私のテスト:
画像:hello-world

上記のコンテンツの最初の部分では、 コンテナ名, 一方、2番目の部分は、コンテナーの作成に使用されるイメージを指定します。このイメージを使用したくない場合は、以下のコマンドを実行して、システムで使用可能なイメージを手動で確認できます。

$ sudo docker画像

利用可能な画像のリストが表示されます。ただし、画像がない場合は、以下の出力が得られます。

リポジトリタグ画像ID作成サイズ

次に、〜/ hello-worldファイル内で、以下のコマンドを実行します。

$ sudo docker-compose up

このコマンドは、ローカルイメージを検索します こんにちは世界. このイメージが使用できない場合、Docker ComposerはDocker Hubからイメージを入手します。この場合、以下の出力が得られます。

Pullingmy-test(hello-world:latest)…
最新:Pullingfromlibrary / hello-world
c04b14da8d14:ダウンロード[=============================================== ====>] c04b14da8d14:抽出[============================================= =====>] c04b14da8d14:抽出[============================================= =====>] c04b14da8d14:プルコンプリート
ダイジェスト:sha256:0256e8a36e2070f7bf2d0b0763dbabdd67798512411de4cdcf9431a1feb60fd9
ステータス:hello-world:latestのダウンロードされたnewerimage

イメージが見つかると、Docker Composeはコンテナーを生成し、リンクして、hello worldプログラムをデプロイします.

注意:これは、インストールが正常に機能している場合にのみ発生し、以下の出力によって確認されます。 docker-compose up

  1. Dockerデーモンと通信するDockerクライアント.
  2. 次に、デーモンは "こんにちは世界" Docker Hubからの画像.
  3. デーモンは、現在読み取っている出力を配信する実行可能ファイルを実装するイメージから新しいコンテナーも生成しました.
  4. デーモンは出力をDockerクライアントにストリーミングし、Dockerクライアントはそれをターミナルに中継しました.

helloの実行が完了すると、Dockerコンテナーが停止しました。これは、コマンドがアクティブである限り、Dockerコンテナーが実行されるためです。その結果、アクティブなプロセスを検査しても、hello worldコンテナーは表示されません。ただし、出力には列ヘッダーが表示されます。

$ sudo docker ps

これにより、以下の出力が得られます。

コンテナID画像コマンド作成済みステータスポート

ただし、これによってコンテナー情報の表示が妨げられることはありません。以下のコマンドを実行して、コンテナの詳細を確認します。

$ sudo docker ps -a

これにより、以下の出力が得られます。

コンテナーID画像コマンド作成済みステータスポート
06069fd5ca23 hello-world         "/こんにちは"            35分前終了(0)35分前drunk_payne

出力に表示される詳細は、コンテナーを廃止するときに役立ちます.

手順3-ローカルイメージの削除

これはオプションの手順であり、追加のディスク容量が必要な場合に役立ちます。ここでは、 ドッカーrm 画像を参照しているコンテナを削除するコマンド。まず、以下のコマンドを実行して、イメージを参照しているすべてのコンテナを削除します。

$ sudo docker rm 06069fd5ca23

次に、以下のコマンドを実行して画像を削除します。

$ sudo docker rmi hello-world

結論

それでおしまい! Ubuntu 18.04システムにDocker Composeが正常にインストールされ、構成されました。また、そのインストールをテストする方法を学び、テストコンテナーとイメージを完全に削除しました。プロセス全体を楽しんだことを願っています!

以下の上位3つのVPSサービスを確認してください。

A2ホスティング

開始価格:
$ 5.00


信頼性
9.3


価格
9.0


使いやすい
9.3


サポート
9.3


特徴
9.3

レビューを読む

A2 Hostingにアクセス

ScalaHosting

開始価格:
$ 12.00


信頼性
9.4


価格
9.5


使いやすい
9.5


サポート
9.5


特徴
9.4

レビューを読む

ScalaHostingにアクセス

Hostinger

開始価格:
3.95ドル


信頼性
9.3


価格
9.3


使いやすい
9.4


サポート
9.4


特徴
9.2

レビューを読む

Hostingerにアクセス

関連するハウツー記事

  • Ubuntu 18.04 VPSまたは専用サーバーで時刻同期を構成する方法
    中間
  • Ubuntu 18.04 VPSサーバーまたは専用サーバーでFail2banをセットアップする方法
    中間
  • Ubuntu 18.04 VPSまたは専用サーバーにLitespeed Webサーバーをインストールする方法
    中間
  • Ubuntu 18.04 LTSにGrafana Monitoring Toolをインストールする方法
    専門家
  • Ubuntu 18.04 VPSまたは専用サーバーにGraylogサーバーをインストールして構成する方法
    中間
Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me